冷え対策をおしゃれに決めるグッズたち おすすめはこちら!


今や冷え対策は四季を通して考えなくてはならないものになりました。でも、冬は特に寒さ対策をしなければなりませんよね。
足元を暖かくするのが全身には一番効果がありそうです。

ということで、今回は足元の冷え対策について、おしゃれで使いやすいグッズを4点ご紹介します。

10分丈のあったか極暖レギンス 着るだけで体感5.7℃アップ!

レギンスを着た直後に体感温度が急激に上がる理由は、特殊加工をした素材のせいなんですね。

素材自体がやわらかくて着心地がいいというのもあるけれど、体の水分を吸収して熱エネルギーに変える技術が、着たとたんに暖かくなる理由です。

暖かくて肌に吸い付くような感じも、着たときにほっとする肌触りも、下半身の緊張を取り除いてくれます。身につけるだけでリラックスできるというのも、このゆったりしたフィット感のたまもの。

機能的には、発熱性・保湿性・保温性・静電気の軽減、、など7つの効果がありますが、なによりこのレギンスの特徴として、着たときにクシュッとなる、ゆとりの癒し系?シルエット。これがかわいい!

スカートやワンピ、もんぺみたいなパンツにも何にでも似合う懐の深さ。着こなし甲斐がありますよね。

遠赤外線のあったか足首ウォーマーは足湯感覚で全身があたたまる!

発売から17年!足首を温めることが体にどういう効果を得られるのか、ということを知り尽くしている製品ですよね。
足首には冷えに関するツボが集中していて、足首ウォーマーは着けるだけで効果的に温めてくれます。体は正直なのでこの効果をすぐ実感することができるんですね。
山忠の足首ウォーマーは、肌に触れる部分がシルク、外側が遠赤外線糸が使われた二重構造になっているので、肌触りが良くて暖かさを逃さないように編まれているわけです。
9000件近くもある口コミレビューでは、
  • 主人が足首が冷えるようで常につけています。寝るときも、スーツの下の靴下の上にもつけています。
  • 履いてすぐ足首がポカポカとじんわり暖かくなる感じがわかりました。びっくり!なにこれ!ただの布じゃない!が最初に思ったことです。
  • クーラーを入れているので夏でも足首だけは冷やさないようにこれをつけて寝ています。おかげで夜中のトイレも行かなくてよくなりました。
  • 足首だけなのにつま先までポカポカになり、快適に眠ることができました。母や妹にもすすめたいです。
と、足首をあたためることの効果を感じられているようですね。

冷え取り靴下4足セットで下半身の体温アップ!

これは、体の冷え取りを靴下から始める”冷え取り健康法”です。
靴下を4枚重ねて履く”4枚”は、これでも重ねばきの枚数としては一番少ないの数のようです。それでも、靴下を4枚履いて3時間後には、下半身の体温が2.7℃上昇するとのこと。
若い人を中心に、現代人は平熱がだんだん下がってきているんですね。
平熱が35℃台の人は私のまわりにもかなりいます。自身も36℃前後でギリギリ。
体温が低いと酵素の働きが悪くなるので、健康には大きな影響が出てくるということです。それでなくても、体の冷えは体感的に厳しいものがあります。
それに、冷えの問題は四季を通してあります。
日常的に体を冷やさないようにするには、まず足元から対策を。
それには、靴下を工夫することから考える必要があるようですね。

シルクとコットンの両面効果でオールシーズン使えるレッグウォーマー

肌に触れる部分がシルク。表側がコットンになっている二重編みのレッグウォーマーです。ナチュラル志向のカラーで合わせやすい、サラッとした肌触りで夏の冷房対策にもおすすめです。

40㎝という長さも使い勝手がよさそうですね。
黒以外は、グレー・ベージュなどすべて”杢”カラーになっているので、モノトーンカラーの中に一色だけ目につくピンクも杢ピンクです。なじみやすいけれど、刺し色としてもかわいい!

リピーターが多いのも、合わせやすい長さと色が服装を選ばないからかも。。
使い始めたら手放せない、おしゃれな冷え対策グッズですね。

まとめ

健康は足元から
体を冷やすのは健康に良くないとわかっていても、ふだんなかなか意識できないこともありますよね。

寒ければ上着を重ねて暖かくするというのはわかりますが、上を重ねなくても足元を温めるだけで全身が暖かくなるということがわかってくると、靴下や足首ウォーマーなどに目が行きます。

今年の冬は足元ファッションで考えてみるのもいいのでは?

タイトルとURLをコピーしました